事務機の購入とリースの違いについて

複合機やコピー機などの事務機をオフィスに導入する際、リースにしようか、通販などを利用して購入しようかと、迷い悩んでいる経営者は多くいるのではないでしょうか?
ここでは、事務機の購入とリースの違いについてご説明致します。

事務機の購入とリースの違い

まず、事務機の購入とリースの違いとして所有権の有無が挙げられます。
リースの場合だと、事務機自体は自社オフィスにあるのですが、所有権はリース会社のものとなります。
これは、リース期間が終わった時に、リース会社に事務機が回収されることを意味します。
確かに、ビジネスシーンでそういったことはないかもしれませんが、仮にリース会社が回収すると言ったら、何も文句は言えないことになります。現在の会社・企業において、複合機やコピー機などの事務機は大切な戦力となりますので、所有権が無いために回収されては業務に支障をきたしてしまいます。
一方の購入であれば、所有権は自社にあるため、回収されることは皆無となり、安心して長く使うことが可能となります。

次に、その違いとして支払い金額が上げられます。
リースの場合だと、確かに初期費用0円で導入できるというメリットがありますが、本体価格に加え、手数料や保険料、金利、税金を含めた支払いをしなければなりません。
それらの支払い金額はリースだと毎月になりますので、支払い総額は事務機購入と比較しても高額になります。初期費用を抑えるためにリースでの導入を考えていたとしても、長い目で見れば、コストパフォーマンスの観点からしても優れているとは言い難いです。一方の事務機購入であれば、固定資産税の支払いなどで済み、コストパフォーマンスは優秀と言えます。

これらの違いを考えると、事務機を導入するのであれば、リースよりも購入するほうがおすすめと言えるのです。

大井川事務機では、その事務機の販売を行っています。
大井川事務機の事務機は、高品質の物を豊富に取り揃えておりますので、現在非常に人気となっています。
今後、事務機の導入をお考えでしたらリースではなく、ぜひ大井川事務機にてお買い求めください。

大井川事務機は、見積もり無料で承っております!
制作実績 おおいがわじむき いらすとぎゃらりー 大井川事務機facebookページ

リンクバナー

大井川商工会 焼津市
ページ上部へ戻る